本日のブログ記事は、ある1人の青年の物語です。村上春樹は、海辺のカフカの中で”過ちを進んで認める勇気さえあれば、だいたいの場合取り返しはつく“と書いていました。私はそのことをこの記事で伝えたいと思っています。ぜひ1人の青年を見守る思いでお読みください。

↓こちらからアクセス↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA